丁寧な仕事ぶりに感動しました

  • 2020.05.22 Friday
  • 10:30

こんにちは。

 

もう5月。

季節は初夏となりました!

 

そして。

この5月が気持ち良い真夏を迎えるために

とても大切な季節です!

 

 

夏の暑さが苦手な方

 

夏バテしやすい方

 

熱中症になりやすい方

 

 

この5月の体の調整で

真夏の体調が決まりますから。

 

今から真夏を乗り越えられる肉体を

つくっていきましょう!

 

 

食べ方は。

 

そろそろ夏の食べ方へチェンジします。

 

 

暑苦しい、熱がこもりやすいような食材、

調理法を減らして。

 

 

体の中から涼しくしてあげます。

 

 

具体的には煮物などは少し控えめにして。

 

サラダやお浸しなど

生ものや、サッと熱を加えて食べるような

食べ方にしていきます。

  

 

自然は絶対的に私たちの味方なので。

 

 

サッと茹でて食べられる野菜

生で食べられる野菜が

どんどん出てくる頃です。

 

 

そら豆、アスパラ、スナップえんどう、

きゅうりやトマト…

 

 

そんな野菜を意識していただくと

いいですよ!

  

 

そして。

主食も玄米より分つき米の方が

暑苦しくならないし。

 

麦を加えると陰性が増して

夏の体にピッタリ合います。

 

 

 

 

肉体で言うと、猫背になり胸が閉じてくると

体の熱がうまく発散出来なくなります。

 

 

自粛生活が続き、

背骨が丸くなり、猫背になりやすい頃です。

 

 

意識して、背骨を青空に向けて伸ばし

胸を広げて、たくさん息を入れ

生き生きと生きたいものです!

 

 

 

さて。

 

今回は調理場での感動したお話です。

 

 

私は食材は

すべて生きていたいのちであるので。

 

そのいのちは丁寧に扱うべきだと

考えています。

 

 

野菜の気持ちになれば 

 

もっと生きて、

太陽の恩恵を受けたかっただろうし。 

 

土に守られていたかっただろうし。

 

子孫を残したかっただろうと思います…

 

 

 

そんな野菜を、自分が生きるために身勝手に

いただくわけです。

 

 

その最後の始末、

この人にしてもらってよかった!

 

 

美味しく料理されて嬉しい!

 

 

この人のためなら

いのちを投げ出してよかった!

 

 

そう思ってもらいたい…

 

 

だから。

 

食材を洗って。

 

切って。

 

熱を加えて。

 

お皿に盛り付けて。

 

食べるまで。

 

丁寧に扱いたい!

 

 

簡単に機械で切ってしまえば早いけど。

 

最後は自分の手で処理してあげたいし。

 

 

一番美味しい料理の仕方で作ってあげたい。

 

 

出来上がったものは

綺麗に並べてあげたいし。 

 

 

感謝していただきたい。

 

 

 

そんな風に思っているので。

 

 

調理場でも忙しい時間の中だけど。

なるべく丁寧に触れてあげたいと

私は思っていました。

 

 

 

この小松菜、みてください!

 

 

 

新鮮で美しいのはもちろんですが。

 

この小松菜がこんなに美しく、きれいに

見えるのは、、、

 

新鮮さだけではありません。

 

 

方向をそろえ。

ちゃんと端をそろえて並べられているから。

 

その姿もプラスされて、なお美しい!

 

 

この小松菜、洗って

ザルの上に並べられているのですが。

 

 

時間を気にしながら

手早くやろうと思えば

 

洗って、ザルにただ、ポンポンと

乗せるだけになります。

 

 

集団給食ですから。

 

それで全然いいと思います。

 

 

でも、今日のこの仕事ぶりは素晴らしい!

と私はとても感動して。

 

 

ついつい、写真を撮ってしまいました。

 

 

料理を食べる人にこの深みが

どれだけ美味しさとして

伝わっているかは分かりません。

 

いや、、、

 

味なんて、きっと変わらないと思います。

 

だけど。

 

 

こんなお仕事をする方の料理を

いただけるのは かなり幸せな事だろうと

 

私は思うのです。

 

 

 

この際、書いてしまいますが。

 

 

揚げ物だって。

 

揚げ上がりは

かなり美しく並べられているんです。

 

 

丁寧なことだけが良い訳ではないけど

その心の余裕が結局は

正しい判断を生み、

正しい行動を生む。

 

安全で安心な給食には

実はとても大切で必要なこと、、、

 

ではないかなぁ、、、と。

 

 

 

食べる側には

全く目に見えないところですが。

 

 

 

この保育園の給食は

こんなに丁寧に作られている…

 

 

子どもたちが驚くほどに落ち着いて給食を

いただけるのも、

この作り手の仕事ぶりが

少しは関係している…

 

 

そうだといいな。

そうだと嬉しいな。

 

 

と期待を込めて。。。

 

 

 

 

これからも

 

美味しく、丁寧に、安全に

給食を作っていこうと思います。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM