板麩のカツ!はじめて出しました!

  • 2020.04.23 Thursday
  • 18:44

今年の春は寒いですね。。。

 

そろそろゴールデンウィーク。

高松はこの頃から半そでの方が

ちらほら出てきて、、、

 

暑くなってきたな!という感じですが

今年はどうなんでしょう。

 

例年より肌寒い日が多いように思います。

 

お体、大切になさってくださいね。

 

 

 

・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・

 

 

先日、給食ではじめてのメニューを

出しました。

 

板麩を使ったカツ!です。

 

 

皆さんご存じの「麩」です。

 

よく目にする「麩」は丸くなっていたり

かわいい花形になっていたりして。

 

お味噌汁に入れたり

煮物に入れたりと料理をすると思います。

 

 

今回の給食では

板状になった「麩」を使いました!

 

 

 

この板麩はその名の通り

板のように薄い麩です。

 

それを細長く切って。

下味を漬けて。

 

多めの油で焼くとベーコンのようになったり

 

野菜と共に炒めてチンジャオロースのように

仕上げたり、、、と

 

料理の幅が広がる食品です。

 

 

 

麩は小麦粉でできていてたんぱく質が

豊富に含まれているので。

 

焼くとお肉のようなうま味が出てきます。

 

煮物やお味噌汁だけに麩を使うのは

もったいない!です。

 

 

給食では基本的にお肉をださないので。

(その事についてはまたの機会に書きます)

 

 

板麩をつかってシンプルカツを作りました!

 

 


 

にんにくと醤油に戻した板麩を

漬けておきます。

 

調理室にはそのにんにく醤油の香りがふわーっとして

それだけで「おいしそう!!」と

すごくうれしくなり調理をしました!

 

その板麩に溶き粉、パン粉をつけて

揚げます。

 





はじめての食材、

はじめてのメニューだったので

 

子どもたちは食べてくれるのか

 

職員の反応はどうなのか

 

出来あがって

食べてもらうまではドキドキですが

 

おいしく食べていただいたようで

安心しました。

 

 

 

お肉でカツを作るよりも簡単!

 

お肉よりもかなり安くできる!

 

衛生的にも管理しやすく安全!

 

そして、おいしい!

 

 

定番のメニューにしようと思います。

 

 




日本にはこのように伝統保存食が

豊富にあります。

 

昆布、干しシイタケ、車麩、こんにゃく、

高野豆腐、のり、かんぴょう、寒天。。。


 

これらの食材はおいしさを演出してくれ

私たちに元気を与えてくれます。

 

 

給食でも乾物を毎日のように

使用していますが


きっと、それらが新鮮な野菜やお米と

結ばれて、、、

 

美味しさが増していることと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM